登録てんやわんや
2015.11.26
 ジュリオの購入店から、販売・譲渡証明書が郵送されてきました。
 これでナンバープレートが取得できる……。

 じゃあ、ついでに、市役所から200mほどしか離れていない自賠責の保険会社に寄って、保険の異動をさせてしまおうと思ったのです……が。

 125ccのスクーター(ヤマハ・アクシストリート)を出張査定で買い取って貰ったため、訪問販売の法規制がかかるんですね。つまり、クーリングオフ制度。
 一定期間、無条件で「なかったこと」にできるため、買取店は廃車手続きを取ることもできないので、つまり今日時点では、売ったトリートも、実質はともかく、書類上はわたしの所有なんだそうです。
 したがって、自賠責は法律で登録のある車両には強制される保険なので、登録が抹消されるまでの間(抹消されたことが確認できる書類が手元に来るまでの間)は外して異動させることが不可能とのこと。
 しかし、ジュリオ納車予定日の12月1日または2日時点ではまだクーリングオフの期間の都合上、廃車証明書が手元に届かない……つまり「ナンバーはあっても公道で乗れない(乗ってるところを警察に呼び止められたら無保険運転で6点、つまり一発免停)」状態。

 とりあえず、バイク買取店に電話で「クーリングオフは行使しないので、廃車手続きを急いでほしいんですが」と無理をお願い。
 特例で今日廃車手続きして、明日証明書を郵送してくれるとのこと。
 これで、なんとか1日には間に合いそうです。

 もっとも、納車時刻までに自賠責保険の異動ができるかどうかは微妙なので、納車直後に乗れるかどうかという点についてはわかりませんが、廃車証明と取得証明を持ってまた保険会社までバスで行って手続きすればいいだけなのであまり文句は言わない。
 制度的に無理なんだからしかたないよ……しかたないんですが。
 ……バス代320円(往復)損した。

 320円くらい些細な額だろと言われたら「アッハイ」なんですが。


 あと、生協に入っていたのですが、県外移転ということで法定脱退になるので、駅にある店で脱退手続き。組合費7千円弱が戻ってくるようです。(おおよそ3週間後)

 正直、引越しの手配や家探しの手配で物要りなので、7千円でも嬉しい。
ダウンサイジング計画
2015.11.24


 GooBikeで見かけた、こちら、ホンダ・ジュリオを売っているバイク屋さんに本日赴き、手付金を4万円置いてきました。
 最終調整と清掃をしてもらい、12月の1日か2日に納車(そのときに残金支払い)となります。

 試乗しましたが(バイク屋さんの敷地内)、ここ十何年も排気量125cc以下のバイクに乗ったことがないので、その小ささと重量の軽さにちょっと戸惑いました。50ccは30km/h制限がありますが、出せと言われてもその不安定さに40km/hが関の山じゃないかなーとか思います。……慣れたら60km/hとかでかっ飛ばすかもしれませんが、そんなことするとせっかくゴールド免許にリーチがかかっているのがお釈迦になってしまうので、たぶんやりません。
 大阪でどこがネズミ取りの重点地点かとか、もう十数年離れているのでわかりませんからね。
 それより気をつけないといけないのが二段階右折ですね……。やり方忘れた。あとで調べておこう。
出張査定対決
2015.11.22
 大阪に移るため、今まで乗っていたバイクが(持って行けないという理由から)要らない子になってしまいまして。
 というのも、大阪だと、駅前の駐輪場に駐めるとき、「自転車・50cc以下の原付」という条件が軒並みどのエリアにもあって、原付1種以外だと駐められないんですね。
 軽二輪のマジェスティはこっちで乗ってくれるという人がいたのでそちらに譲りましたが、お遣い号として手元に残しておいた小型二輪のアクシストリートも、大阪に移るまでには50ccにダウンサイジングをしなければならないということで……。

 ネット検索で見たB社とR社に出張査定をお願いしました。

 B社の査定額が3万円。
 R社の査定額が5万円。

 R社の勝ち。

 ということで、今日、R社に譲渡契約を結びました。

 これを原資に、少し足して、中古の50ccスクーターを購入予定。

 ……これから、30km/h制限と二段階右折に引っかからないように気をつけねば。
 今の免許で無事故無違反なら初のゴールドなんだから……。
I・Uターン就職活動 結果
2015.11.12
 先日帰省したときに受けた面接が、何がどう受けたのかはわかりませんが採用内定いただきました。
 来春からの勤務です。

 実家通いは難しそうですし、住処も探さなきゃならないし引越しもせにゃならんしでバタバタ忙しくなりそうです。
I・Uターン就職活動
2015.11.06
 今は九州に住み暮らしているわけですが、別に好きで九州に移ったわけではなく、機会さえあれば大阪……でなくてもいいにしろ関西圏に戻ってきたいなとは思っておりましてですね。

 折角実家に帰省した折、ネット上などではいわゆる「過疎県」が実施しているようなI・Uターン就職キャンペーンのようなものが大阪でも開催されないものなのかと、最寄りのハローワークに行って相談をしてみましたところ……

……
…………

 なぜか1件、障害者相談支援専門員の募集に応募するということに。

 それで一昨日、バタバタで履歴書とか職務経歴書を作成して、昨日慌てて写真をスピード撮影で作り、急ごしらえの書類を携えて面接に行って参りました。

 急なことだったので、スーツとかのフォーマルな衣装も持ってきていませんでしたし、何から何まで変則的だったのですが……。

 結構、がっつりとした面接になりまして、1時間強、そこの事業所の所長とお話しいたしました。

 形だけの面接ではなく、もし採用という運びになったら住居などはどうするのかとか、いつ頃から対応できそうかとかいう質問や、採用となればどういう範囲の仕事を任せたいかとか言う話にもなりました。

 結構、疲れました。
(なお面接として成功したとは言っていない)

 1週間後を目安に、合否については自宅に郵送するとのことですが、どうなることやら。


 まあ、これで採用にならなくても引き続き関西圏へのI・Uターン就職活動は継続していくつもりですが、関西圏に戻ってくることがあれば、これまで以上のお引き立て、よろしくお願いいたします。

- CafeNote -